緑ヶ丘歯科外観

どうも緑ヶ丘歯科の毛利です。
不要不急の状態が緩和されつつある今、皆さんどうお過ごしでしょうか?

きょうは、僕が前から思っていることをちょっとだけつぶやいてみますね。

僕にも子供がいます。
どうやら学校が再開しそうな雰囲気ですが、色々な意味で不安を感じています。
学校側としては休んだ分の遅れを取り戻さなければと必死です。
『 暑い 』を超えて、もはや『 熱い 』というべき夏休みを削って登校させて辻褄を合わせるような感じです。
ただでさえ、コロナウィルスの影響で色々ないじめやゆがみが起きているのに、学校を再開するリスク…

もし、学校でクラスターが起きたらインフルエンザのように、一クラスの学級閉鎖でとどまれるでしょうか?
また、その場合、その責任は誰がとるのでしょう。

いっそのこと、学校を1年休みにしませんか?(義務教育の小中学校や国公立の学校など)

一度『 みんなで考える1年 』にしてはどうでしょうか。

戦後、高度経済成長を経てずっと時代を駆け抜けてきましたが、立ち止まって考えることを全くしてきませんでしたよね。

遅れを取り戻すといいますが、どうして遅れという言葉を使わないといけないんでしょうか。
一体、何に遅れているというのでしょう。
それに、急いだ授業についていけない子供たちの救済は、どうするんですか?
ついてこれないほうが悪い、と一方的に切り捨てるのでしょうか。

そんなの、先生も子供たちもかわいそうです。

勉強したい子はすればいい、お金持ちは塾のネット授業でもやればいい。
それで1年後、進級するかもう一度同じ学年をやるか、子供たちに決めてもらえばよくないですか?
とりあえず、お昼の給食だけ時間差で学校に行って食べさせてもらって、先生は子供たちの悩みとかを聞いてあげる側に回るとか…。

昔はもっと学校の先生は尊敬される存在でしたし、今でもそうだと思ってます。いや、そうであるべきだと思っています。

学校もそうですが、この1年で今後何をしなければいけないのかを熟考する必要があるんじゃないでしょうか。

もちろん、仕事ができる人はやるべきだと思いますが、自分の仕事の内容についても考えることではないですか?
・・・というか、自分の仕事がこんなに脆弱だと思っていなかった方もいるでしょう。

この状態を今回だけととらえるのか、今後も起こりうる事ととらえるのか…


この1年でコロナウィルス感染を0にして、今後新型ウィルスが発生した場合の対策マニュアルを確立する。外国人観光客にどのように対応してくのかを共有し、これからを担っていく子供たちに、明るい未来を想わせるように私たち大人が見せていくべきではないでしょうか。

先人たちの叡智の下、私たちは今の生活を当たり前のようにしていますが、はたして子供たちに何を遺してあげれるのでしょう・・・。

子供たちに罪はありません。

『 令 』をもって平和を繋いでいく時代でなくてはいけませんよね。

みんなで考えて、これからを創っていきましょう。
過去のつぶやき
診療時間

休診日/木曜・土曜午後・日曜・祝日
第1・3・5の土曜は14:30〜18:00
祝日のある週は木曜日も診療します。

電話番号